teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


微塵の迷いも

 投稿者:てて  投稿日:2005年10月 5日(水)02時46分13秒
  おっさんさま
 御無沙汰しておりますm(_ _)m

 10月。夏も過ぎ秋になって航空祭しーづんという奴ですので
 近場をぷらぷら徘徊する予定であります。
 小松には出掛けましたが日々些末な事にかまけているので
 写真頁の更新が滞っております(汗

わし
 ・航空祭
   てことで来週の小牧には出掛けてT-1の最後の勇姿を眺めたいの
   だけれど、天気予報はちょっと嫌な感じが…

 ・RENO'05
   今年のリノは#77レアベアが昨年に引き続いての優勝
   でも有力な優勝候補機が早々と自滅してたりしたのでアンリミ
   テッドはやや低調なのが残念。
   因みにレアベアのパイロット、ジョン・ペニーはジェットクラス
   にも出場してて、こっちでも優勝してたりする。

 ・うちう開発
   米国が月に戻ると宣言してみたりしてるが、その煽りで日本も絡んで
   いるISS計画が縮小されてたり。今のところJEMこと日本製のきぼう
   モジュールの打ち上げはされるとの事だがけど、そんな約束は先方の
   都合でどーにでもなったりしそうな勢いですな。 にしても月計画に
   したって子ブッシュが大統領で居る間だけの話だったりはしないの
   だろーか。

 ・つい
   うっかり
   と言うか、本物件に限ってはクリックするのに微塵の迷いもありません
   でしたがね。
 
 

[壁]_・) こっそり

 投稿者:おっさん  投稿日:2005年10月 2日(日)22時20分25秒
  10月でっせ(笑)  

それ以降のあれこれ

 投稿者:てて  投稿日:2005年 9月 7日(水)02時10分18秒
  ボムキャット様
 大河旅行記、どうもです(^_^;)

 わしも一昨年だったか、お伊勢さんへ行った気がしますが
 神社つうても建物は短い周期で新品に作り替える訳なので
 どってこたなかったと言うか、有難味に欠けると言うかでした。
 しかし境内の森は年季が入った巨木がずでーんと聳え立って
 たりして、神域つうんですかね、仲々良い雰囲気を醸し出して
 ましたな。
 まあ神社なんか御近所のケチな祠とかでも俗世力学からの乖離
 してそこだけ木立が伸び放題になってたりして、元々そーゆー
 佇まいは結構好みなのですが。

 んでもおかげ横町はなんとゆーか、出来の悪い映画セットと
 言うか、作り物ぽいオーラをそこはかとなく放出していてて
 なんだかなー。如何にも観光客様いらはいませとゆった感じの
 場所は何処の観光地でも似た様なものだし。
 あたしゃどーでもいいひなびた路地だとかそこに居る猫だとか、
 そんなものを見ながらぶらぶらするのが好みなんだけど、もっ
 と積極的に地元に金を落とす客こそが正しい客なんだろうな。

わし
 前の書き込みからもう随分経ってるのね(汗
 取り敢えずはそれ以降のあれこれ
 ●シャトル
  ずっと中継見たりして、その間他事が仲々手に付かなかったり
  してましたが、概ね無事に帰ってきましたな。この先も安全策の
  強化で打上コストが天井知らずになってたり、暗雲が立ちこめて
  いる模様。有人有翼な軌道往還機の運用なんて、現行のシャトルが
  引退してしまえば次にいつ見られるか判ったものではないので、
  ちょっと勿体ないですなあ。
  先日も「米がISS=国際宇宙ステーションからさっさと手を引いて
  関係国との約束はしれっと反故にするかも」なんて報道があり
  ましたが…さーてISSにべったりな我が国の宇宙開発計画もどー
  なる事やら。幾ら既に予算が付いてるからって、まさか変更無し
  ってこたないですよね。よね♪

 ●こみけ
  現地では大変お世話になりました♪>関係者各位

 ●愛車はやてまる号
  後ろからすりすりと音がするので車屋さんに持っていったらバブ
  ベアリングがイカれてるのだとか。既に退院してますが、もう年頃
  なのでいろんな所が順調にヘタって来ている模様。
  走行距離はそんなに多くもないんだけど、機械の人は動かさなく
  ても動かしすぎても良くないからなあ。

 ●HDD増設
  出来心で追加してみる。PCで録画なんぞ始めたら容量の感覚が
  以前とは全然違って来ますな。まあ適当に消しながらの運用が
  肝要なのかもしれんけど。これで4基目、合計公称容量0.94TB。
  もーちょっとで1TBに届いたのにー。
  でも電源容量が殆ど目一杯な筈なので、重負荷掛けても安定動作
  をするかどうかは今のところまだ謎なのでした。
 

伊勢鳥羽志摩旅行記その9

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)23時15分14秒
  ここで終わらすのだと堅く決意。。とわいっても、3日目のことがよく思い出せないな~

3日目の予定はなにも決めていなかったのです。
鈴鹿の8耐に行く案も強力にあったのですが、それが終わってから帰宅すると
翌日の仕事に差し支えるな~つうことであきらめるとすると~ あにするですかね?

志摩の英虞湾つったら真珠の養殖やってるとこですな。
ちゅうことで英虞湾クルージングにでも行くですか~とゆうことにあいなりました。
英虞湾の中にある賢島つうところから、真珠工場見学こみで英虞湾一週50分間な遊覧船が出てるです。

http://www.shima-marineleisure.com/kashi.html

真珠の養殖つうのもシビアなもんらしく、あんだけいっぱい養殖筏があるですが、
売り物になる真珠はその1割からしかとれないんだとか~

ん~ それからなにしたっけっか。どこぞの灯台に登ったり
偶然、海女さんが潜ってるの目撃したりとか・・
どこぞで食した昼食に肉があって、そういえば久しぶりに肉食べたなぁと一瞬感激したりとか
伊勢湾岸道路で前方が見えないくらいの大雨が降り出して、お連れの方が車間距離
とってるのに、次々に間に他の車に入られて怒り狂ってたりとか
東名では事故多発で大渋滞が発生していたとか。。。散発的に思い出すですが
時系列では思い出せないな~

つうわけで、思い出せないのでここで終わるです。
長々とごめんね、てて様。
 

伊勢鳥羽志摩旅行記その8

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)22時49分21秒
  再掲▼
http://www.isesima.jp/yamaya/

あぁえっと、夕飯の前に宿のご近所をお散歩しました。
なんかうら寂しい漁港とか、真っ赤な灯台とか、海水に水没するお地蔵様とか。。
漁港の水もきれいでね。灯台のそばで釣りしている少年がいたけど、
ベラの仲間を10匹ほど釣り上げてました。
海を覗くと、ベラやコバルトすずめだのがいっぱい泳いでいたです。

で。上記urlの「御座周辺の観光案内」つうところに、「石仏・潮仏」てあるですが・・
それ。ご婦人の腰からしたの病にいいとかゆ~ので、行ってご覧なさいと
ここのおしゃべりな女将に言われて言ってみました。「私早口なんで聞き取れますか?」と
言われてびっくりしたな~ あぁ東京つうか関東じゃそれくらい普通ですがね。。
このあたりってば話す速度までのんびりしてるのか?

漁港なもんで、野良猫とおぼしき痩せネコがいっぱいいたです。たぶん漁師さんが魚くれるんだろうな。
人を見るとすりよって来るのだ。♂ネコが子猫引き連れていたけど、単にたまたま近くに
いただけなのかなぁ?
オトナネコは人に近寄ってくるけど、子猫たちはそれを遠巻きに見てるだけでした。

土曜日なので宿は家族連れで満室。みんな勝手知ったる海水浴の常連客のようで、
勝手に物干し竿使ったり、女性の子連れ2家族が殿方の風呂に入ってしまたり、
小さなおこちゃまがたが泣き叫んだり、なかなかににぎやか~な宿でありました。

ん~ 食事のことはいいや。一番高いやつを頼んだです。やはしくひすぎて動けなくなる。
お昼食べなかったのだけど。
で。その9でいい加減うちどめにせんとな~
 

伊勢鳥羽志摩旅行記その7

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)21時31分59秒
  朝食の後は、御座白浜での海水浴であります。

http://www.isesima.jp/goza/

荷物をまとめて宿を出るときになって初めて無口な漁師のおっさんにもご挨拶。
あぁ典型的ないい日本の夫婦だな~。おしゃべりな奥さんと無口なだんなって組み合わせの。
いいなぁ、海女と漁師で一緒に料理民宿経営なんて・・

鳥羽からパールロードを通って・・あぁリアス式海岸な地形て
今自分がどこにいるかよくわかんなくなるですな。あっちに海が見えたかと思うと
今度はこっちに海が見えていたりして・・

とにかく、御座白浜海岸だ(ござしらはまかいがん と読む。ぎょざだと
思っていたが・・ このあたりの地名の読み方はよくわからんのが多い)。
駐車料金と更衣室シャワーがセット料金で一日えっと500円くらいだったか。
南紀白浜のインチキ白浜ほどではないが、地名の通りに白い砂~
朝からけっこう海水浴客でにぎわっておりましたです。暑かったし。

カップルとか、カップルプラスその繁殖結果とか、ナンパ目的らしい男性グループ
ナンパされ目的らしい女性グループ、が客の主体でありませうか。
我々のよ~な、ちゅ~ねん子なしってな組は珍しいようだがそんなこたぁ気にしないっ。
で。簡易ビニルテントを貸しビーチパラソルの一番海岸線よりよかもっとさがったあたりに
張った後、お互いの背中に日焼け止めクリームをぬりっこしてから、
おそるおそる裸足になって砂浜に足を踏み出すと・・あれ?砂があまし熱くないよ。
熱海の黒い砂だとやけどしそうに熱いのだよ~ わぉ。。
んでもって海岸はゴミが落ちてなくて綺麗だったな~、海にもゴミがほとんどないのだ。
熱海とちがって。
あぁこんな気持ちいい海が国内に沖縄以外にもあったのか~とうれしくなっちゃいました。
日差しが強くて暑いんで、水に入るときはちょびっとちべたいのだが、
水がきれいなんで、きもちよ~く浮かんでおりました。
このあたりの話は詳述してもしょ~がないんでパス。

夕方になって、このあたりのご近所に予約していた民宿へ~
▼やまや つうとこで、土曜日だったのでなかなかホテル旅館民宿あいてなかったのだが
http://www.isesima.jp/yamaya/
ようやくめっかったとこ。

ここの料理もうまかったっすよ。やはし味つけが上品で。やはしこのあたりはそういう
味つけらしい。
 

伊勢鳥羽志摩旅行記その6

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)20時31分4秒
  いー加減書くのも飽きてきたが、しかし、朝食のことだけは書いておきたい!!

くひすぎて動けない状態だったので、その後歯を磨く以外のことはなんもせんで
寝てしまった・・(汗
あぁ おはらい町で赤福だのパイだのサザエだのを食べるんじゃなかった・・とゆ~
後悔は先に立たずでありました・・
のだが、良質のタンパク質主体な食事であったので、翌朝もたれてるとかゆ~こともなく。

で。朝食なんだが、驚いたことに、活き造りで食べられなかった部分、鯛の尾頭と
骨に残っていた身を煮付けにして食卓に出たのですな~朝っぱらから鯛の兜煮ですよ。
あたしゃ本来魚の煮付けなんかたいして好きじゃないのだが、ゆうべのカワハギと
今朝の鯛の兜煮はもうほんとに絶品でしたわ。
ここの女将の料理はほんっとにうまい。一番感動したのがこの鯛の兜煮であったので
ここまでたどり着いたからにゃ、先のことはもうどおでもいいや。
気が向いたらまた続き書くです。(書くなて言われるかな・・てて様?)
 

う まぬけなあたし

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)20時19分14秒
  ●アジ南蛮漬け
緑色指定したのだけど、もともと緑じゃんここ。。
 

伊勢鳥羽志摩旅行記その5

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)20時10分48秒
  あー そんで料理民宿とかうたってる宿に向かうです。
場所はここ▼なんだけど、ご近所は似たような民宿だらけだし、ごちゃごちゃした
http://www.isesima.net/jidaiya/koutsu.html
狭い道で、なかなか見つからなかったのだった。
いっこだけ(だったと思う)出ていた電柱とかに掲示している看板見落としてたら
永遠にたどり着けなかったんじゃないかちゅうくらいわかりにくかったです。

▼ え~ さっきんサイトの表紙
http://www.isesima.net/jidaiya/index.html
の安い方、舟盛り鯛プランつうのをお連れの方が予約しておりまして。。
いや、安い方予約されたのが不満つうこたぁないです、割り勘だし。
ヒラメと鯛ではどっちがとりわけても好きつうこともないし。
んで、その民宿の庭には漁師さんの使う網が転がっていたりなんかして、
▼外観はこの写真ほどきれいな感じではないっていえばないのだが(汗、
http://www.isesima.net/jidaiya/kannai.html
外観よりも内容だ料理だ新鮮な魚だ。

ええ、ネットに出ていためぬうは
http://www.isesima.net/jidaiya/ryouri.html
●鯛・伊勢エビ・鮑・サザエ の活け造り
●うに飯 ●焼き貝(大あさり、サザエ)
●車エビのマヨネーズ焼き ●小烏賊
アジ南蛮漬け
●地魚の煮付け ●揚げ物 ●もずく酢
ちゅうことになってたですが、ええと 緑色のやつは トビウオの南蛮漬けに変更。
活き造りには、他に烏賊がのっかってましたが、すきとおった、ほんとに新鮮なやつで
あたしゃ烏賊なんざたいしてうまいとは思わんのですが、獲りたての透明なやつだけは
甘くて割と好きかな。すく~ばだいびんぐなんかのせいで、吸盤に吸い付かれて
内出血しながら食ったりなんかしていたもんで、新鮮でない、白く濁ったものは
受け付けないカラダになってしまっているのだ。贅沢もんだな、くひもんのことで
ぐだぐだゆうんじゃなひ、とゆ~親のありがたい躾けは今いずこ。。
伊勢エビの活き造りなんか、まだヒゲがひくひく動いていたな~
鯛もこりこりしていて、養殖ものではないし、あぁ瀬戸内の鯛やヒラメののうまさを
よく知っているあたしがうまいつうんだからうまいのである。
んでだな~ 魚の煮付けがなんであったか思い出せないのだが・・
うう なんだったっけかな~ あぁ 馬面じゃない、カワハギだ、カワハギ。
あたしのは女の子で、お連れの方のは男の子のカワハギでした。
その煮付けがまた上品なのである。薄味で、あぁもうほんの少ぉ~しだけ甘みを抑えて
くれていたらば・・あぁいやいや文句ないっす。絶品でしたわ。鳥羽はにゃ~ごやとはまた
違う文化圏にあるらしいな。地理的には近くとも。
あんだ?あのくそ甘いみそカツの味噌は。。ちと甘過ぎやせんか?とゆ~体験をこないだしたもので。
あの甘さで標準らしいが、にゃぁごや人つうのはあんなくどいもん食ってよく平気だな。
(あぁ天国のトム父さまごめんなさい、くひもんのことであぁだこぉだゆう娘で・・)

んで、こないだの長崎のしっぽく料理んときの反省から、ビールとかあるこほる類は
頼まないことにして、ひたすら食べることに徹するのだった。
活き造りから片付けていったですが、あぁ~ 何をいただいてもとてもとても
おいしゅうございましたです。活き造りの妻の大根その他まで残さずきれ~に
食べ尽くしましたです。おかげで動けなくなってだな~トムは。あぁくひすぎで動けない
なんて~なんてはしたない~・・

海女やってる女将が人好きのする陽気な感じの方でな~ この方が調理された
らしいですが、あとで聞いてみたらば、薄味にしようとかゆ~意識はないようで、
このあたりってのは伝統的にそういう味つけなのかしらん、鮎雑炊も上品だったし。
にゃ~ごやに近いのに。。
んで、南蛮漬けのトビウオはなんの魚だったかわからなかったので、アジじゃないよね、
鯖のような気もしないし~とか色々悩んでいたんだけど、ふっと女将に聞いてみたらば
トビウオだと~ 骨が硬いので、長い時間加熱するから少し身が固くなりますが。。と
ゆ~ことで。そうか、うっかり火を通しすぎたんじゃないのだな、とゆ~こともわかり。
なんでも聞いてみるもんである。
あぁくひもんのことだけで、こんなに行数をついやしている。だって料理民宿ってうたってるし。
インターネットてすごいですね~ 北海道なんかからもお客さんが来てくれるように
なりましたよ、と女将。へぇ北海道も魚うまいすがね~ とか思うが、考えてみれば
魚の種類がちがうか。平日なもんで他に客がいなかったって~こともあって
いろいろと女将とお話したりなんかして、わりと人見知りなあたしでも、それがイヤでは
なかったのは、女将の人徳であるな~
む~ いつになったら終わるのか。まぁここのBBSもあまし客が来ないようだからいっか。(いいよね?)
 

伊勢鳥羽志摩旅行記その4

 投稿者:ボムキャット  投稿日:2005年 8月20日(土)15時12分27秒
  えっと~ 俗なあたしらは、聖域よりもおかげ横町のが楽しかったらしく
横町のここ もめんや藍▼
http://www.akafuku.com/momenya/
http://www.rakuten.co.jp/momenya/
でめっけた ハムスターを6頭(600円くらい/1頭)ゲットしなりなんかして、
やっぱり女の子なんだねぇとかなんとかお連れの方に笑われたりして。。。
(なにがやっぱりだなにが!)

で、かなぁり長時間横町にいてしまったので、他の月読、猿田彦その他の別宮とか
鳥羽のなんたらつ~有名な夫婦岩なんかに行ってる時間がなくなってしまったのだった。
いや、時間がなかったとゆ~よか、朝早かったつうか、ほとんど寝てない状態に疲れてきた
んで、急遽、天の岩戸にでも行ってから宿入りするかとゆ~ことになって・・
えっと、困ったときのwikiによれば。。。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%88%B8%E9%9A%A0%E3%82%8C

あぁ 古事記の例の日本初の公式記録に残されたすあめのうずめのストリップの
あったとされる場所は他にもあるのだな~
(公式記録で他にその後ストリップが記載されたものがあるかどうか知らなひが)
まぁいいや。とにかく恵利原(読み方わかんなひ・)の天の岩戸へと向かったのでした。

http://www.iskweb.co.jp/ibj/kyukei/100sen/amanoiwato_mizu.htm

なんかわかりにくいところにあるし、全然メジャーでなさそうな所ではありました。
駐車場はやたら狭いし、他に観光客はいないしわざわざ来るほどでもなかったかなぁとか
ちらと思ったのですが、いやいや、
「うっそうと茂る杉木立の中をひんやりとした霊気に包まれ洞穴から湧き出る清水の音を
聞いていると、中略 実に厳かです」
と説明板のゆってることは、全く誇張ではないな。。
(「訪れる人は絶えません」てのは、ほんとかよ、つうくらい人がいませんでしたが。。)
世間よりも数度は温度低いし、幹線からの車の音がいきなし遮断されるのが不思議だ。
▼もいっこ、いや、にこ参考url
http://www.eco.pref.mie.jp/shizen/sizen/meisui/erihara.htm
http://www.hyakugo.co.jp/mie/03/06/s06.html

名水百選に選ばれているとかで、うまい水でしたですよ、
水穴(風穴なら聞いたことあるけど、初めて聞いたな)から出てくる水は。
水温14度か、にゃるほど。

それから宿に向かう・・前につうか途中で恐竜さんの発掘痕に立ち寄ったことを
思い出したりする。いや、看板があったので、つつつ~と引き返してみたのだな。
▼ ををっ ちゃんとサイトがある。鳥羽竜化石発見地。
http://inoues.net/club/tobaryu.html
http://www.city.toba.mie.jp/kanko/miru/meisyo/06-kyouryu.htm

マメンチサウルスの仲間て言われても・・ あましぴんとこないな。
んでも予想してたのよかでかくて嬉しかったりして。

む~ その後で初日の宿になるのか~ ちょっとペースあげねば。つづく。(のか?)
 

レンタル掲示板
/23